練馬区の歯医者@じむちょぉ~Blog

石神井公園駅徒歩7分。歯科医院の事務長がラブラドールレトリバーと送るメッセージ。

    融資

      このエントリーをはてなブックマークに追加










    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は15時を過ぎました。

    4月14日火曜日、じむちょ~のお時間です。












    前回書いた経営者の皆さん…

    よくわからないlivedoor Blogの機能ですが、沢山の拍手を頂きありがとうございますm(_ _)m













    その頃から当院では、スタッフが自主的に感染症対策で動いてくれています。





    まずは、マスク、ゴーグル、ヘアキャップの常時使用。

    cache_Messagep39124





    それから、フェイスシールドを注文はしているのですが届くまでに時間がかかるので、なんと手作りで。

    99dcbce2

    よく写真を見るとおわかりのように、シューズカバーもしています。

    いずれ防護服も届く予定です。





    このように気丈に振る舞っているようには見えますが…

    20200413235324

    結構、精神的にも来ていると思います。


















    このような非常時には、まずはスタッフの安心を第一優先してあげたいですよね。









    新型コロナウィルスの感染リスクは、実は患者様には然程ありません。

    正直、器具の滅菌や患者ごとに除菌しているチェアユニットなど、歯科ほど完璧に清潔に保たれているところはなかなか無いと思います。

    それに当院の場合は元々すべて個室診療室なので、隣の患者様の飛沫などがかかることもありません。





    反面、高リスクなのが歯科医院内の術者。

    歯科医師、歯科衛生士は口から数cmまで顔を近付けることもありますからね。







    マスク、グローブ、紙エプロン…

    品薄かつ値段が5倍以上とかザラです。

    はっきり言って、元々安過ぎる保険点数制度の上、今こんな状況で診療しても利益なんて出るはずもありません。

    それでもやっぱり歯科も医療従事者ですから、完全に閉めるっていうのも無責任。

    痛みがひどい人に、数ヶ月待ってください!なんてつらすぎますものね。




    いろいろな思いが頭を駆け巡りますが…




    飲食店とか他もそうですけど、いっそのこと廃業して従業員には失業保険で乗り切ってもらって、3ヶ月後に再開!とかやった方が良いんじゃないか?って考えてしまう経営者もいらっしゃるのではないでしょうか。








    「安心」と一言で言っても「健康面」もあれば「経済面」もあるのは従業員も一緒。

    「いつもの生活」が出来ないことによるストレスも。

    こんな時、経営者としてやるべきことはしっかりとやっていきたいと思っています。








    前回、





    死ぬな!


    と書きましたし、最終的に自己破産してでも生きろ!みたいなことを書きましたが、

    その前にやることはたくさんあります。



    なので、誰かの参考になればと具体的に書いてみたいと思います。













    まず、当院では4/16からスタッフを輪番休業させて小規模体制にします。

    スタッフは交代で休むことになります。

    スタッフは皆、一ヶ月のうち休日の方がちょっと多くなります。

    前回書いた雇用調整助成金の特例措置ですが、手続きの簡素化が昨日発表されました。



    これ、全く使えない!と書きましたが、ぜひ活用してください。

    返す必要のない助成金です。

    東京ディズニーリゾート等では従業員に60%の休業補償をして休ませていますし、労働基準法では60%以上と定められていますが、当院では80%休業補償で提案しました。

    仮に、スタッフが休んだ日の日給を1万円補償しても、後から7〜8千円ぐらい帰ってきます。

    後記しますが、実質2〜3千円の人件費に抑えられるようになることが重要です。




    もちろん、経営者が勝手に決められることではないので意見を聞くことが必要です。

    ・少しでも収入が減ると困る!
    ・休んでもこれだけ入るなら良い!

    各々考えがあるでしょう。

    結果、当院では皆、それなら休みが欲しいということで、早速「休業協定書」という労使協定を締結しました。












    これと同時進行することが、


    手元キャッシュの確保


    です。






    日本政策金融公庫では、売上が前年同月比-5%で使える融資制度があります。

    また、前年同月比-20%で3年間無利子にもなります。

    無担保で返済期間は最高15年、うち、据置期間が最長5年で申し込めます。





    もう一つ、練馬区の場合。

    新型コロナウイルス感染症対応特別貸付があります。

    信用保証料と1.8%の利息を練馬区が負担してくれるので、0.2%の金利で最高1000万円の融資が申し込めます。

    返済期間は最長7年で、内12ヶ月の据置期間を設定できます。

    金融機関にしてみても、今どき2%で融資出来るのですからおいしい話になります。






    これらは税理士に言えば手続きしてくれるか、手伝ってくれると思います。







    普通、お金というのは借りたい時に借りるものと考えますよね。

    でも、このような緊急時は「借りられる時に借りられるだけ借りておく」です。



    返済据置期間が長く確保出来るので、使わないで済むのであればそのまま返せば良いし、

    何よりも手元キャッシュが無いと精神衛生上にもヤバいです。

    動きたい時に何も出来ませんし、良からぬことばかりが頭を駆け巡ってしまいます。







    もう一つ、手元キャッシュの確保と同時にやることがあります。

    逆のことです。

    キャッシュの流出を最小限に抑えることです。





    もう少し詳しく書くと「今、お金を産まないことにお金を使うのは抑えましょう」ということです。




    例えば、既存融資の返済を3ヶ月据え置きにしてもらう。

    これは結構柔軟に対応してくれます。

    返そうと思えば返せても「今」出ていくお金を最小限に抑えることが目的ですから、銀行さんには相談しましょう。

    銀行からしてみれば3ヶ月分利息が増えるので悪い話では無いはずです。







    それと、これはダメ元ですが、

    テナント家賃の減免交渉。

    各不動産協会に国土交通省が要請はしています。

    ただ、あくまで決めるのはオーナーです。

    不動産屋にしてみたらオーナーの方にしか耳を貸しません。

    仲介業者を変えられたら困りますからね。




    でも、諦めるのは早いです。

    これから次々とテナント撤退が出てくるでしょう。

    それが大ニュースになったタイミングで減免交渉するのが良いと思います。

    オーナーも撤退されて次の入居者が決まるまでの空白期間が生じたら痛いはずです。

    その辺は「駆け引き」になりますので、タイミング見て交渉するのは悪くないと思います。

    オーナーも商売ですからね。

    世間全体の経済が停滞する中、オーナーには全く皺寄せが行かないというのはちょっと違うとも思いますので。







    ざっと書いてしまいましたがポイントは…

    ・スタッフが安心して休める休業補償

    ・手元キャッシュの確保

    ・流出キャッシュの抑制

    です。







    当院では保育園に預けて勤務するスタッフもいて、保育園閉鎖のため通勤できなくなってしまった人もいます。

    なので、小学校休業等助成金を利用しようと思います。

    明日4/15日に支給要領等が発表される予定です。









    国の無能な政策に悪口を言っているだけでは、無能な社長に不満を言っている社員と何も変わりません。

    経営者なのですから、とにかく動きましょう!






    これを読んでくれている経営者の方。

    身内スタッフには手厚く、外には図太く(笑)

    今厳しいのはどの業界も一緒です。

    僕も頑張りますので、この危機を心のどこかで楽しみながら乗り越えましょう!













    他のスタッフの皆さんも、素敵なメッセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/Satomi's Blog
    練馬区の歯医者/Natsuki’s Blog
    練馬区の歯医者*Miku's Blog
    練馬区の歯医者*NAO's blog
    歯科衛生士Misaki's blog
    練馬区の歯医者/Narumi's diary
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    東京都練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加










    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は10時を過ぎました。

    10月20日火曜日、じむちょ~のお時間です。














    すごいハガキが届きました。

    2015101917250001


    安心して下さい!

    って書く時点で「怪しまれる」ことは理解しているですね(笑)


    返済不要・他社借入不問の資金調達方法があります!!







    BlogPaint

    保証人・担保一切不要






    良くもまぁ、そこまでやろうと考えるな。。。



    でも、そういうのを「担保」って言うんじゃないの?









    ちなみに、

    【○○ 医療】←検索!

    って書いてあったからググってみたけど、出てこない(笑)

    仕方が無いのでURLを打ち込んでみたらトップページが無い(笑)

    index.html が無くて、下層のそのページのみ表示されているという…

    他のページへのリンクも無いという…

    っていうか、フリーのレンタルサーバーだし。




    こういうハガキ代かけてもDM出すってことは、利用する人がいるんですかね?













    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/miwako’s diary

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加





    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は16時を過ぎました。

    5月20日水曜日、じむちょ~のお時間です。












    1日の仕事が終わってホッとした瞬間に思わず撮影。

    2015051923440001

    ここにいつもスタッフが来てくれて、

    ここにいつも患者様が来てくれる。

    色々な感情が織り交ざる瞬間。



    毎月、15日から25日にかけてはTakeの業務が多い期間。

    医院だよりの原稿も概ねできているが、せっかくなので載せようと思っている写真待ち。









    さて、いきなりですが当院は融資を受けて設立しました。

    別に恥ずかしいことではないのでこうして書きましたが、無担保・無保証人で融資を受けました。

    現在まで、一度も延滞すること無く順調に返済中です。

    融資元にとっては、優良顧客の部類に入るでしょう。





    『医院』とつく業種は様々ありますが、クリニック規模に限定すると歯科医院というのは一番設備投資がかかると言われています。

    それでいて医療点数が低い。

    しかも、患者1人あたりにかかる時間も長い。

    スタッフも多く必要。







    1人の患者枠6分で次々と診ていく『小児科』などを見ていると、

    大した設備は無いし、スタッフは余っているし、患者は平気で待たせて溢れているし、

    特に大きな治療行為をする訳でもなく処方箋出して次…





    経営目線で見ると、すっごく楽そうにしか見えません…

    当院1医院分で、小児科3つぐらいできるんじゃないでしょうか(笑)

    何も『経営努力』しなくても黙って患者が来るのですから、患者側になって行くと感じるクオリティーの低さは致し方ないのかもしれません。

    たまたま息子が4歳のはじめぐらいまでは小児科に連れて行く機会が多かっただけで、自分のことでは病院には行かないので他は知らないですけどね。

    あ、今年の健康診断も予約しないとだ。。。










    先程、東証1部の時価総額が591兆円になり1989年のバブル絶頂期を超えたとのニュースがありました。

    とは書いてあっても、42歳のTakeでさえ当時は16歳。

    バブルをよく知りません。

    あ、ハイクラスの一流ホテルがクリスマスイブはどこも満室…

    1年前から予約して抑えちゃうとか、そんな情報は覚えていますかね(笑)

    親から買ってもらったプレリュードとかスープラを乗る大学生に、同級生の女子を持って行かれていましたかね…

    やっぱり高校生のTakeには関係ありませんでした。

    時給600円だったし。

    バイクだってギターだって全部自分で買ってたし。









    そんな時代の絶頂期を抜いたとは書いてあっても、世の銀行は『金余り』と言われて久しいです。

    融資先が少ないと。

    融資できるところが少ないと。








    知らない人もいると思うので書きますが、銀行というのは『金貸し』が本業。

    一般の人が預貯金している膨大なお金を元に、金を貸して金利で儲けを出す仕事。

    なので『貯金』と思って預けているでしょうが、これは銀行にお金を貸しているということなんですね。

    お金を貸してあげているにも関わらず、時間外に引き出す(返してもらう)と手数料が取られる。

    賃貸契約時の『礼金』と同じくらい、ちゃんちゃらおかしいお話なのです。








    ここに来て、当院は『借り換え』の話が盛んになってきました。

    先にも書いた通り、開業時には無担保・無保証人の団信加入付きで借りましたから、金利はやや高めなのです。

    また難しい単語が出てきましたね…

    『団信』というのは、借りた人が死亡したり、所定の高度障害状態になってしまった時にローン残高を一括返済するための保険のことです。

    この保険に加入すれば、貸した人が死んでしまっても銀行は痛くも痒くも無い!という保険です。

    ちなみに、亡くなってしまった親が残した借金で子が苦しむというようなドラマがあったりしますが、そんなことはありません。

    団信に加入していなくても『相続拒否』をすれば良いだけの話ですからね。







    話を戻しますが、







    元々の銀行に、

    「今、残金を一括で返済したらいくらになりますか?他から1.○%で話を頂いているんですが…」

    と告げると、一度目は吹っ飛んで来られました。





    二度目は…

    急遽延期になりましたが、結構厳しいところを奮闘してくれている模様です。

    ちょっと、Takeの得意な交渉力を駆使してもいますが(笑)






    一括で残金を全額返済するって言うと『正しいこと』だと思うでしょうが、

    銀行からしてみたら、もうその時点で以降の金利収入が無くなってしまうので困るんですね。

    ただでさえ、融資先を見つけるのが大変でしょうから。






    そのような状況ですので、今日来た『他から1.○%』っていう話を持ちかけてきた銀行に、決して媚びることはしません(笑)

    貸してくれ!なんて絶対口にしてはいけません。

    「御行ではどのくらいまで下げられそうですか?そのために何か協力できることはありますか?」

    でいいんです。

    これだけで、他行と比較しているんだということが伝えられますからね。

    ここは勝負どころです。

    この話で、トータル数十万円〜数百万円と変わってくるんですから。











    今後のビジョンを聞いてきましたのでお話しましたところ、6台目のユニット増設の際は、







    「ぜひ、融資させてください!」

    2048x1536x0d5b1c4c7f720f698946c7
    (イメージです笑)



    とまで。。。


    ま、設備投資に関しての追加融資依頼は考えていませんが…スタッフの成長度合いもありますから『機会損失』とのバランスを見てその時はお話しましょうと。






    こうして嗅覚研ぎ澄ましている銀行側から、借り換えの話が持ちかけられる状態。

    決して楽では無いですが、うまく経営できている証なので嬉しいです。







    いつかも書きましたが、

    返済を急ぐために現金を貯めるのは、何の意味も無いですからね。

    そんな現金を貯めるぐらいなら、次なる売上を作るために投資する。

    それをやめてしまっては「経営」ではありませんしね。




    せっかく時間を買えている訳ですから、お互いにメリットある良い付き合いをしていければと思っています。

    銀行とも対等です(笑)










    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/miwako’s diary

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加




    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は20時を過ぎました。

    8月25日月曜日、じむちょ~のお時間です。











    歯科衛生士学校現役講師、かつ、各地をセミナーで回っているNatsumiさん。

    今のペースでは意味が無いということで、9月からは月に10日来てくれる事になりました。

    一人ひとりの歯科衛生士にあったカリキュラム。



    こうやってフリーランスになっていかれるんですね・・・



    先ほど、また歯科衛生士から体験入社の希望が入りました。

    歯科衛生士への取材が来る日程も来月初旬に決定しました。



    今はもう、最終形(ユニット7台)に向けて考えているので、どんどん突っ走っていきます。

    7~8人の歯科衛生士が動ける状態でいれば、常勤歯科医師が入った瞬間から一気に行けますからね。






    ウチで頼んでいる顧問税理士は、クリニック専門みたいな感じで多くの歯科医院を受け持っている方なので、以前、とある情報を収集するようお願いしていました。

    「一般的な反響商売って広告費と人件費はそれぞれ3割程度なんだけど、歯科医院の場合はどうなんですかね?」

    ということで、先日歯科医院名を伏せた資料を見せてもらいました。

    A歯科医院

    B歯科医院

    C歯科医院

    etc…

    という感じで10医院ほどの情報を。


    一般的な歯科医院の人件費は全売上の15%程度であることが判明。



    少なっ!



    てか、もうその中でもウチの経営状況がトップクラスに迫ってきている上、まだまだ成長過程なので参考になりませんということでした。

    売上だけ高い自費率5割の医院は、経営状況がヤバいんだとか。

    そこ目指すと安定しないからね・・・

    金は追いかけると逃げるっちゅ~もんです。

    追っかけて来させないとね。



    そんな中、ゆうかデンタルクリニックは26%が人件費。

    尚且つ、こうして教育費をかけることに。

    自分の中では人件費は売上の3割までOK!と思っていましたので、常勤歯科医師が入った時点でそうなる予定で考えていました。







    ところで、多くの歯科医院は開業するにあたり融資を受けていると思います。

    ウチも、無担保・無保証人で融資を受けています。

    隠すことではありません、悪いことしている訳では無いですから。



    で、多くの人は、融資の返済を急ぎたがるんですね。

    ちょっとストックできたら繰り上げ返済したり。



    わかりますわかります。

    日本人は『貯金 = 美徳』と教育されていますからね。

    なので、返済が残っていることは、悪いことだと思うのでしょう。




    例えば小学生が1,000円貰ったとします。

    親は「ちゃんと貯金しましょうね~」と言うでしょう。



    これがアメリカの場合、小学生が10ドル貰ったとします。

    すると、材料を買い込み、庭先でレモネードを作って販売し、元値から増やすことを教える。

    そんな話を聞いたことがあります。




    当然、経営者は後者じゃなくては務まらないです。

    なので、せっかく融資を受けられたのに何故そんなことをするの?っていう感じです。



    『融資 = 信用』

    このことを忘れていないでしょうか。

    信用の無い人には貸す人は現れませんし、融資ではなく「出資」の場合は運用して利益を出さなければ裏切り行為にあたります。




    融資を受けるというのは、時間を買ってもいますよね。


    「1千万円あったら◯◯が出来る!」

    っていうのがあったとして。

    1千万円を貯めるのに何年かかりますか?

    貯めている間、







    残りの人生、減ってます。




    それを融資が受けられれば「今」実行できて、機会損失から免れるのです。






    また、通帳に記載されたお金をジーっと見ても、何の意味もありません。

    Takeの考え方は、1ヶ月の支払額×2倍の金額が通帳に入っていればOK!という感じです。

    と言いつつ、例えばクリニックが風で全部吹っ飛んでいったとしても、スタッフの給与を含め100日間は大丈夫なように保険には入っていますけど。

    すぐに建て直しを開始してくれて、内装工事も含めて100日あれば再起出来ますからね。

    なので、

    月の支払いの3倍、4倍とストックをしても、それの分を繰り上げ返済しても、勿体無いのです。

    銀行からしてみても、それは嬉しいお話ではありませんしね。

    融資の返済をしている状況がスタンダードで、健全にお金が回せて売上が向上させていければ良い、という考えなのです。



    繰り上げ返済するぐらいであれば、その分を投資するのが正しい使い方。



    例えば、500万円あったとして。

    ユニット1台増設し、

    残りを宣伝に使って集患し、

    戦力の人財がそれを使える環境になれば、

    どう少なく見積もっても月100万円の売上がアップします。

    3~4ヶ月あれば500万円の投資は回収出来る上、その後も延々と売上を生む状態が継続するのです。


    この500万円を投資せず、繰り上げ返済して生むものは・・・?

    何もありませんよね。

    それどころか、ウチに呼べるはずだった患者様が急がないと他院に行ってしまいます。

    機会損失です。





    同じような考えでもう一つ。




    「売上が上がったらスタッフを増やす。」

    「患者様が増えたらスタッフを増やす。」



    こう考えている人も多いです。








    真逆です。



    売上を上げるためにスタッフを増やすのであり、

    患者様を増やすためにスタッフを増やすんですね。





    で、スタッフが育って受け入れ体制が整うと、強気の宣伝が打てるようになるんです。

    新規患者は一人ひとりが勝負で、初めてのお見合いみたいなもんです。

    ちょっとでも嫌な思いをしたら二度と来ません。


    で、通い続けている患者様は、一人ひとりがその日初めて待ち合わせで会うようなものです。

    スタッフからしてみれば次から次に来る患者でしょうが、一人ひとりが待ち合わせでお会いしている気持ちで迎え入れるようにと。

    毎日、数十人との待ち合わせ。

    イイね!

    そんなにトキメクことができて。


    まるで流れ作業的に扱っているのはすぐにバレますし、仕事に余裕が無いとそうなります。

    なので、先にスタッフ形成をするのが大事だと考えております。





    いかがでしょうか。







    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 ゆうか院長ブログ
    練馬区の歯医者。ゆうかデンタルクリニック/DH*blog
    練馬区の歯医者@ゆうかデンタルクリニック歯科衛生士Megumiの日記
    歯科衛生士いちねんせい in 練馬区の歯医者
    練馬区の歯医者|ゆうかデンタルクリニックChisa's Blog

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者ゆうかデンタルクリニック
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

    このページのトップヘ