練馬区の歯医者@じむちょぉ~Blog

石神井公園駅徒歩7分。歯科医院の事務長がラブラドールレトリバーと送るメッセージ。

    回想

      このエントリーをはてなブックマークに追加






    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は14時を過ぎました。

    1月13日日曜日、じむちょ~のお時間です。















    12歳10ヶ月と3日を書いてから、早くも1ヶ月が経ちました。

    ゴン太のいない生活が日常になりつつあり、詳細を書き残しておこうと思います。















    寝たきりになったゴン太の「介護」は正味3週間ぐらいだったでしょうか。

    何をもって「介護」というのか境目が難しいところですが、

    ここでは、オムツを着用した期間、自力で食べられなくなって強制給餌していた期間ということで3週間としています。











    「犬」というのは様々な死に方を迎えると思います。









    一番つらくて受け止めにくいと思うのは、突発的な事故なのではないかと思います。








    さっきまで元気に走っていたのに崖から転落してしまうとか、

    リードが外れて道路に飛び出し車に轢かれてしまうとか。










    犬の「介護」としては、3週間というのは短い期間だったのかな?と思います。

    しかし、そこに至るまでの経緯は色々ありました。







    歩くのがやっとなのに夜中に徘徊しては色々なものにぶつかって物音を立てたり、

    朝起きてみると布団にいなくて、探したら玄関で靴を枕に寝ていたり、お風呂場で寝ていたり。

    それでも散歩に出るのは嬉しくて、最初の20mぐらいはタッタッタッって走ろうとしてみたり。

    斜めに進むんですけどね。













    オムツ交換一つとっても人間の赤ん坊のように「お尻拭き」で済むなら良いのですが、なんせ毛ですからキレイにするのも大変で。

    強制給餌するにしても、一食400gを与えるのに1時間、これを朝晩2回。

    IMG_2618

    今思うと「強制給餌」ってどうなのかな?と思うことがあって、いくら与えても体重が増える事はなく、消化せずにそのまま出てくる感じで。




    記事を探すと「自力で食べなくなったら終わり。そのままに任せる。」という方もいらっしゃるようで。

    ま、自然界でしたらそうですよね。






    ただ、あれだけ食いしん坊だったゴン太ですから、自力で身体を支えられないだけで、本当は食べたいという気持ちはあるのだと思い、最後まで強制給餌をしました。

    まだまだ、

    「生きたい!」

    って思っているように感じていましたので。











    ゴン太にはそんな「介護」の期間を与えてもらって、それが多少なりとも心の準備期間を与えてくれたのだと思っています。

    Takeに対して、冷たくそっけない態度になったりとか。

    きっとそんな芝居も打っていたんだろうなと。




















    そんなゴン太の、亡くなる2日前からの動画があるのですが。










    一般的に観れば「かわいそう」と思うかもしれません。

    しかし、長年連れ添ってきた自分としてはこの姿をみて、

    「もっと生きたい!」

    そう思っていると感じていました。

    であれば、最期まで一緒にもがいてやろうと。












    亡くなる2日前、MRI画像を撮影していつもの動物病院に到着した時。








    その夜。



    もう意識も記憶も無く、痛みも苦しみも感じないと聞いていました。

    夏にカットした毛も、もう生えてくることもなくなりました。












    その翌日、亡くなる前日の夜には痙攣も止まっていました。



    口に見えるティッシュは、犬歯で唇を噛んでしまう予防のためです。








    そして12月13日の午前中。

    動物病院の駐車場に到着してゴン太を抱えようとした時。

    もう全く動けなかったはずなのに、頭を上げて自分の腕にゴロンと持たれかけたんですよね。






    脳圧の影響で両目とも斜視な状態だったのですが、

    「もういいよー」

    と、今思えば最後の力を振り絞っての挨拶だったのだと思います。





    それでも動物病院で約2時間、鼻からチューブを入れてもらう処置に耐え抜いて。

    デモンストレーションをお願いして、空腹だった胃に少しでも入れてあげられて。








    でももう、これで終わりなんだな、と感じ取った自分は、

    「死んだらやるべきことを教えて下さい。」

    と。









    で、帰宅したら呼吸をやめていた…ということです。

    IMG_2625

    この直後のことは書きました

    で、その後の作業。

    自分でも意外に、冷静に、淡々と作業をしました。







    玄関からいつもの部屋に運ぶ時、ゴン太の口からはだら~んと舌が垂れ下がり。

    乾綿を口、鼻、そして肛門に詰めようとオムツを外しかけたら大量のオシッコが。




    お腹を撫で押してオシッコを出し切ってやり、肛門から見えかけたウンチを出してやり、肛門に乾綿をこれでもか!っていうぐらい詰めてやり。

    既に死んでいるゴン太だけど新しいオムツに交換してやり。




    せっかく入れてもらったチューブを抜糸して引き抜いて。




    硬直する前に手足を曲げてやり。

    でも戻っちゃうので曲げた状態で軽く縛ってやり。

    目を閉じても開いちゃうので、瞼にワセリン塗って目を閉じてやり。






    そのような作業をとりあえず終えた時の写真がこれです。

    IMG_2626

    淡々と作業していたつもりが、今写真情報を確認したら2時間経っていました。









    捨てるにも大変なので、動物病院に聞いたら受け取ってくれるということで残った雑貨類をまとめてみたり。

    IMG_2629













    そして現在。

    今でもサークルはそのままで。

    IMG_0039

    高かったハニカムマットも2回しか使いませんでした。








    誰か、欲しい方はいらっしゃいませんかね。





    机の中からは未使用の給水器が出てくるし。

    IMG_0040


    洗面所の下にはゴン太のシャンプー「ケラトラックス」がまだあるし。








    ま、ゆっくりと時間に任せたいと思っている今日このごろです。










    他のスタッフの皆さんも、素敵なメッセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.ゆかこ
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/MIHOのblog!
    練馬区の歯医者/Satomi's Blog
    練馬区の歯医者/Natsuki’s Blog
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は20時を過ぎました。

    9月28日木曜日、じむちょ~のお時間です。















    朝は涼しく、昼も晴れればカラッとした気持の良い天気な今日此の頃。

    去年の初夏に購入した我が家のエアコンが、2年連続で夏季に水漏れを起こしていました。





    初回対応から2回は取付業者が確認しに来て、3回目からはメーカーが確認に来て、合計6回の訪問の末に「返品&返金しますのでお許し下さい!」と。

    取付時の工事費含めて返金するとのことで、本日取り外しと、別メーカーのエアコンを取り付けました。

    もう・・・













    2個のバケツとさよなら。






    新品になったエアコンからは新しい風が優しく吹き出して除湿してくれています。

    うるさらせぶ〜ん♪













    そして昨日。

    ひょんなことから懐かしい人と電話で話すことに。





    なんと・・・










    2時間も!




    こんなに長電話、いつぶりだろう??

    たぶん、Yu'kaさんと出会ったばかりの頃以来じゃないだろうか・・・


    電話相手はドリンク1杯でカフェに2時間粘っていたという(笑)











    嬉しかったなぁ。。。











    ずるいことが嫌いな自分。

    頑張る人が報われる環境をつくるという信念。

    気持ちを尊重してやらせてみる気持ち。








    自分がやってきたことが、わかってくれる時、再確認してくれる時が来るんだと。










    本当に久しぶりなんだけど、お互いにタイミングといい、お互いに気持ちといい…

    互いに良い流れになりそうな近未来。








    落ち込んでいたけど、少しは元気になれていればいいな…

    IMG_0590


    YDC第3ステージへの序章。


    「今」を本気で生きていれば

    いつだって未来は楽しみしか存在しない♪











    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/Dr.ゆかこ
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/miwako’s diary
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加









    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は16時を過ぎました。

    10月29日木曜日、じむちょ~のお時間です。














    だいぶ色付いてきました@石神井公園

    2015102912300001












    多分、今年2度目。

    ふと思い立ち、吉野家に行きました。

    2015102914160000

    このすき焼きが気になるのですが、いつも牛丼+卵+ごぼうサラダ+豚汁という組み合わせ。

    吉野家の牛丼なんだよね…最後。




















    当時、アルバイト先で知り会った3つ下の彼女とは約10年交際して自然消滅しました。

    確か、最後のデートはゴルフだったような。。。

    彼女には2つ上の姉がいました。












    姉妹そろって門限が夜の9時だったため、姉を送り届けた彼氏とはよく遭遇していました。

    彼氏はTakeの1つ下。


    唯一、Takeだけが車を持っていましたので、よく4人でも遊びに行きました。









    彼は通称、寺田っち。











    実は互いに彼女には内緒で、送り届けた時に会うと話し込んだりしたこともありました。

    お互いの彼女が同じ家庭な訳ですから、2人でしか共有できない話もあったりで。

    今で言う「あるある話」に花も咲きました。








    いつも送り届けた後には電車で帰る寺田っちでしたが、

    いつしか、会った時には車で送り届けるのが習慣となっていきました。








    「今日はどこ行った?」

    「え、じゃあ夕飯食べてないんだぁ。」

    「吉牛でも寄ってく?」






    お互いデートでは行かない店で、

    二人カウンターに肩を並べて食べた牛丼。







    「肉食べたから、明日は頑張れそう!」

    「え?ああ、牛丼ってそう言えば肉か…ウチらはいつもステーキ扱ってたから(笑)」

    「いやいや、肉っしょ。」

    「そっか、じゃあまた行こうぜ!」




    送り届けている車内で交わす、22と21の男トーク。

    何だか、それまで学校とかで仲良くなった親友とはまた違う、どちらかと言うと兄弟のような感覚が芽生えていきました。














    数日後、寺田っちが交通事故で亡くなったとの一報が入りました。

    彼女姉妹と3人で、寺田っちの家に線香を上げに向かいました。



    免許取り立てで18歳の後輩が運転する車は、右カーブを曲がり切れずに電柱に激突。

    後部座席左側に乗車していた寺田っちだけが即死だったと聞かされました。













    それ以降、週に1〜2回通っていた道をほとんど走らなくなりました。

    それ以降、何年も吉野家には行かなくなりました。















    今日、牛丼を食べながら思い出した彼。

    あれから20年。




    当時の彼女たちが今、どのような生活をしているかは知る由も興味もありませんが…

    “あの感覚” で付き合えた男っていうのは後にも先にも寺田っちだけでした。








    寺田っち…

    久しぶりの牛丼、旨かったよ。















    今日は29の日…

    な〜んておちゃらけるには、ちょっとヘビーな実話でしたかね。






    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/miwako’s diary

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加





    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は12時を過ぎました。

    6月30日火曜日、じむちょ~のお時間です。











    5月でしたかね。。。

    まだこんな状態の頃から動いていました。

    DSC00585








    20人を超える面接を工事現場状態の院内で。

    DSC00610








    何日も昼食の時間すら無い日々が続き…

    DSC00612








    無事に迎えた3日間の内覧会。

    DSC00652







    大好評だった歯医者さん体験。

    BlogPaint







    見覚えある名前の子がいますが…

    BlogPaint

    当院の立派な歯科衛生士になりました(笑)

    というのは冗談ですが…

    こうして子供の成長記録の一コマにしてくれた方も。









    『邪魔しますよ』

    という意味の、

    「お手伝いする!」

    の掛け声をよそに、



    IKEAで買った400kg分の家具の組立を。

    2013061615280000

    まったく終わりの見えない作業でした。

    もう一度やれるか?と問われたら、有料の組み立てサービスを使う。

    絶対。











    たくさんの胡蝶蘭に囲まれて迎えたOPEN前夜、2013年6月30日。

    DSC00729

    今日で満2年を迎えることが出来ました。













    正直な気持ちなんですけどね…










    OPENからの1年間って、あまり感慨深くなく。

    新規の患者様にはたくさん足を運んで頂いたのですが、今思えば穴の開いたバケツ状態だったなぁと。







    毎月延べ1000人以上の方が足を運んで頂ける今の当院って、ここ1年間で出来上がったような気がします。


    ここ一年。

    試用期間で戦力外通知をしたことはあれど、自ら辞めていった常勤スタッフはゼロ。




    代診でいらっしゃっていたDr.Takashinoといい、Dr.Shimomuraといい、

    当院を去ってすぐにまたここで働きたい!と言っていました。






    お世辞ではなく、たぶん本音なんだと思います。






    月一で来る矯正医も、

    「ここのスタッフは自分たちで動いてくれるから…」





    誰が来てもお褒めの言葉を残していってくれます。






    それだけ、

    笑顔の素敵な自慢のスタッフあっての飛躍。

    この1年間でここまで来られたのだと思います。




    みんな頑張ってるけど、ちゃんと幸せなのかな?

    なんて、時々思っています。









    今から1年後は・・・

    院長不在でも成り立つ当院になっているのですかね。







    面接とか、シフト作成とか…

    そういうのももう、任せている頃かなぁ?と。

    どうなんでしょうね?





    1年前の時と同様、1年後なんて予想できませんが。







    Takeは変わらず、毎日勝負で生きていると思います。。。







    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/miwako’s diary

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加




    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は17時を過ぎました。

    5月5日火曜日、じむちょ~のお時間です。












    今朝は涼しくて、清々しい散歩になりました。

    2015050510090000

    (もうすぐ9歳3ヶ月)



    今、父として2人の子がいますが、

    生後52日でTakeの家にやってきたゴン太が、最初に思い出させてくれたことがあります。






    生きている上で、皆それぞれ目標は違えど、目的は一緒なのだと。

    皆「幸せになりたい」という目的があって、「不幸でいい」という生き物はどこにも存在しないのだと。

    ゴン太は何ごとも超ポジティブだし、貪欲だし、嫌なことはすぐに忘れてしまうし、相手から好かれているかは気にせずに誰が来ても喜ぶし(笑)











    生を受けて、最初に経験する『してもらう幸せ』。

    子宮から出て、初めて五感を解き放ち、不安で仕方が無いところに母の温もりに安堵する。





    やがて、自分で『できる幸せ』が芽生える。

    自分でトイレに行けるようになった喜び。

    意志が伝えられるようになった喜び。





    そして、他にして『あげられる幸せ』を覚える。

    お手伝いができた喜び。

    自分がしたことで喜んでくれた喜び。








    三つ子の魂百まで ということわざがありますが、

    その後の人生で、幾度もループする3つの幸せだと思います。







    Takeが高校に入学して、一番やりたかったことがアルバイトでした。

    とにかく稼ぎたい!

    という気持ち一心で、当時としては破格の時給1500円で始めた港区芝のビル清掃。

    地下のゴミ収集場で始業の挨拶をし、黙々と取り掛かる作業。

    廃れた、訳あり風の人間たちしかいなく、

    結果は、何も心が満たされず、半年間で辞めてしまいました。










    その後、地元の飲食店に、半分以下の時給600円で。

    けれども、学校よりも楽くて、仲間との笑顔が絶えなくて、自分の匙加減で売上があがる…

    初めて『自分の居場所』を見つけた気がして、結果的に社会人になるまで居続けることになりました。

    マネージャーが色々な仕事を任せてくれて…

    今思えば、この職場で『3つの幸せ』が形成されていたから長続きし、充実していたのだと思います。

    ここで経験したことは、その後の人生でも非常に大きいことだったと思います。






    やがて、ほんの数年だけ会社員を経験するのですが、

    初めてもらった給料の30万円が嬉しかったはずなのに、いつしか不満になり、

    23で始めた副業のお陰で50万円ぐらいになって嬉しかったはずなのに、やがて不満になる。



    それはまるで、初めてバイトしたビル掃除の時を思い出させました。



    人間、カネが目的では生きられない

    あくまで、カネは手段なんだと。




    人間は良くも悪くも忘れる動物であり、

    人間はそれまでの環境次第で『つらい』とも『幸せ』だとも受け止める。





    月に50万円稼ぎがあっても、慣れると不満は出てくるしキリがない。





    25で会社を辞めて起業し、最初に得た売上『12万円』の喜びは、それまでの収入で一番のものでした。

    今思えば、

    ①客から仕事を依頼『してくれた』喜び。

    ②依頼された仕事が自分で『できた』喜び。

    ③その結果、客を笑顔に『してあげられた』喜び。

    これがダイレクトに、自分に返って来ていたからなのだと思います。







    良くも悪くも人間は忘れる動物で(笑)





    月に100万円を超える収入になった時期。

    もう、このぐらいになってくると物欲なんてなくなってくる。

    20歳代でこのぐらいになってくると、既にもう周りの友人と会話が合わなくなってくる、というか、くだらない会話にしか聞こえなくなってくる。

    起業の際、散々「やめとけー」とか、「バカじゃねーの?」と言っていた人に、

    「Takeは自由で良いよなぁ〜」

    と妬まれる。

    どこか悪いところは無いかと粗探し、だけなら良いが、ありもしない噂を立てられては批判される。

    その頃はまだ、批判の9割は嫉妬 だなんて思えるオトナではありませんでしたから。

    自暴自棄になって、ほぼ全財産を散財したこともありました。








    33歳時にゴン太と出会い、生活が一変しました。

    『カネを稼ぐ』ということは、それまでの経験で然程難しいことでは無いと感じていた頃、

    必要以上の仕事はやめようと。





    35歳になり、一生独身で生きていくことを心に決め、ゴン太との時間を一番に考えるようになりました。

    任せるのが怖くて何でも自分でやってしまっていた仕事を社員に振ると、余計に仕事が増えてしまう…

    という誤算もありましたが、それは社員に『3つの幸せ』が生じたからなのだと、今では思います。







    その後の数年で、思いもよらなかった人生に転換されるのですが、

    今思えば、生まれた時からの『3つの幸せ』を意識していれば、もっと上手く生きてこられたのかなぁと思っています。





    〜3つの幸せ〜

    ①してもらえる幸せ

    ②できる幸せ

    ③してあげられる幸せ




    人間、良くも悪くも忘れてしまう動物ですから、

    Take自身、肝に銘じておこうと思います。







    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/miwako’s diary

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

    このページのトップヘ