練馬区の歯医者@じむちょぉ~Blog

石神井公園駅徒歩7分。歯科医院の事務長がラブラドールレトリバーと送るメッセージ。

    すし

      このエントリーをはてなブックマークに追加













    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は18時を過ぎました。

    3月3日木曜日、じむちょ~のお時間です。














    唐突ですが…












    問題です。

    この握りのネタは何でしょうか?

    32449e66

    正解は文末に。













    面白いですね〜

    偶然見つけました。



    好きな鮨ネタを聞くだけで男性の年収がわかるらしい








    一部記事を抜粋。

    □■□■□■□■□□■□■□■□■□

    ・無職:マグロ
    「職がない人は寿司を食べるとしてもカーチャンが買ってきたスーパーのパック寿司ぐらいしか食べる機会がないので、ネタ自体知りません。そのためもっとも有名なマグロと答えることが多いはずです」

    ・300万円~:サーモン、エビアボカドなどのネタ
    「300万円しか無いと、まずまともな寿司屋には行けません(笑)。下手すると100円以上の回転寿司すら危ういレベルです。そのため100円寿司で美味しいサーモンやエビアボカドなどの子供向けなネタを答える傾向にあります」

    ・500万円~:塩レモンイカなど、塩を使ったネタ
    「少しお給料が上がり、回転寿司でも1皿数百円の店に行ける人たちがまず感動するものといえば “塩” を使った寿司です。いままで醤油しかかけてなかったネタに塩をかけるだけでツウっぽく感じるため、塩を使ったネタを答えるでしょう」

    ・800万円~:煮ハマグリ、アナゴ、小肌など江戸前の技術を使ったネタ
    「これぐらいのレベルになると、子だくさんでもない限りある程度お金に余裕が出てきます。そのため腕のいい職人さんが江戸前の技術を使って仕上げた小肌や煮ハマグリなどに感動することが多く、必然的にそういったネタが好きになるのです」

    ・1000万円~:ウニやトロなどの高級ネタ
    「ここまで行くと自分で食べる寿司に払うだけでなく、チャンネーとシースーに行く余裕も生まれてきます。だいたいそういうチャンネーはウニとかトロが好きなので、誘い文句として『ウニのウマい寿司屋があるんだよ!』 と虚勢をはりたいために自分もウニやトロを好きという人が多いですね」

    数千万円~:好きなネタを聞かれても “通っている寿司屋” を答える
    「これぐらいの超絶勝ち組になると、もうネタとかそういうレベルじゃなくなるのです。2000万程度なら銀座の1~2万円ぐらいの寿司屋を答えることが多く、億近く稼いでいる人は銀座を軽く飛び越えて金沢の寿司屋を答えたりしますよ」
    □■□■□■□■□□■□■□■□■□














    ま、この話自体『ネタ』だとは思いますが…(笑)






    自分の場合、鮭児(ケイジ)や時鮭(トキシラズ)は珍しいこともあって巡り合えればいただきますけど、サーモンは無いですね。。。









    人気鮨ネタランキングという記事がありますが、この結果を見ると全世代が無職や300万円〜になってしまいます。

    36




    実際、年収云々と言うよりは食の乱れだと思うんですよね。

    sushi_list_2_a

    20代、30代ではサーモンがダントツのトップ。










    嫌いなものでの上位。

    sushi_list_2_c

    40代以上のカリフォルニアロールには納得ですが、ウニとか赤貝が嫌いというのは違和感を覚えます。


    ここ10〜20年の、逆輸入モノで覚えてしまったと言いますか…

    きっと本物を食べたことが無いのでしょうね。


    ウニが嫌いなのはミョウバンたっぷりなもので知ってしまったのでしょう。

    キュウリが乗ってて当たり前だとか。


    赤貝だって捌きたての適度に刺しを入れてもらったものは本当に美味しい。

    『えんがわ』も『イカ』も、白色ではなくて透き通っているんですよ!











    あとこれ。

    〆に食べたいもの。

    sushi_list_2_f


    結局サーモン(笑)



    何か…ごめんね、イタいよ。

    痛過ぎる。。。

    たぶん、今どきの日本人よりも、日本ツウの外国人の方がわかっていらっしゃるのではないでしょうか。







    思うに、好きな鮨ネタを問うこと自体ナンセンスです。

    『鮨』だけに限定しますが、鯛やヒラメの昆布締め、イカ、貝類と淡白で繊細なものから始まり、赤身、中トロ、コハダはおさえつつ、その時の旬なものをいただき、終盤に煮蛤や穴子、最後はタマゴで〆る。


    コースなんですよね。

    特に決まりはないですが、薄味から濃い味に進んでいった方が美味しくたくさん食べられる。




    『好きなフレンチおかず』

    とか、

    『好きなイタリアンメニュー』

    と聞いているに等しい気がします。













    20代の頃って独身だし、実は自由に使えるお金が一番多い時。

    月給25万円ぐらいでも、月に一度の贅沢で1万円ぐらいはかけられると思うんですよね。。。

    今は車も所有していないんでしょ?

    回転寿司を何回か我慢してでも、せめて年に4回(春夏秋冬)は奮発して「ちゃんとした」鮨店に行くべきだと思うんですよね...日本人として。




    旬のモノを覚えて、旬な時にいただく。

    夏にアンキモとか、おかしいですから。





    と言いつつ、回転しないお店でも「新鮮なものをシャリに乗せて出す」のが主流になっていますけどね、

    煮る、蒸す、茹でる、ヅケ、昆布〆、酢洗い、熟成…

    こういう、冷蔵庫もない時代に下ごしらえされていたものが食べられるお店に1回行ってみると良いですよ。

    ここ、比較的安価で一人でも入りやすいですから。

    弁天山美家古寿司

    江戸前寿司なので当然サーモンはありませんし、軍艦も置いていないという徹底ぶりです。






    ま、いいです。

    好きなモノを好きな時に食べればいいと思いますけど、でも絶対にやってはいけない、やめて欲しいことは譲れない。








    最近まで「ちゃんとした」鮨店が近所でわからなかったので落胆していたのですが。

    例えば石神井公園駅前のロータリーに面した回転しない鮨店に行った時、

    会計して札や小銭を触った手でそのまま握り始めるんですよ。

    カウンターで一人ランチしていたのですが、目の前で平気でやるんですよね。

    握っている途中でまた会計。

    軽く濡れ布巾で手を拭っただけで手水を付けて握るのを再開





    おいおい。。。





    すると、後から入ってきた30代と思われる男性。

    右隣に一席空けて座ったのですが、カウンターに左肘をついてクチャクチャ音を立てながら食べる。

    クチャ男が隣かよ、マジ勘弁。。。




    と思いきや、ガラガラと扉を開けて香水臭いオバちゃんが!





    あーもー、出たい!





    それからもう、二度と足を運んでいません。









    ちなみにこれは間違った持ち方。

    DSC00494






    箸でも手でもどっちでも良いのですが、正しい向きはこれ↓

    DSC00496

    シャリに醤油をつけるとかね。

    やたら隠語で話しかけたりね。

    そりゃ、ピンリャンゲタ…ぐらいは知っていますけど。

    お店の人に向かって「おあいそ!」も違う。

    これは店員さん同士で使う言葉であって、

    客は「ごちそうさま!」なんです。










    好きな鮨ネタで年収がバレるというよりかは…



    旬なものを知らないとか、

    知ったかぶりするとか、

    会話を楽しめないとか、

    ちゃんとした食事のマナーができていないとか、

    肘をついて口を開けてクチャクチャ音を立てるとか…




    チャンネーとシースーに行く機会に巡り会えても、

    そういうもので次回のデートは無くなるかもしれませんね。












    ※正解:ムロアジ



    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/miwako’s diary

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加










    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は20時を過ぎました。

    2月19日金曜日、じむちょ~のお時間です。




















    一昨日ぐらいまでは広い海で泳いでいたんだよね…俺。

    DSC01078










    君、なかなかいかしてるね。

    DSC01081

    レモンと塩って、目がしみそうだね。。。







    あ…








    あ…








    あ…








    お酢も負けじと目がしみる。。。








    こうなる運命だよね。。。

    DSC01079











    ということで…











    練馬区大泉学園町の江戸前鮨



    『たけのこ』が『とうもろこし』




    に引き続き、今日で3回目。









    初めてマスターの前に座ってみました。


    もう、認定常連士(笑)

    次はマスター常連士を目指します。








    驚いたことに、マスターと同学年でした。

    BlogPaint

    世の47〜48年生まれって、もうこんなにオヤジなんだね。。。




    「我々は年配の方を御相手させて頂きますから、多少老けるように見せることはありますね。」

    とのこと。

    32歳でOPENさせた時は若造に見られてやりにくかったそう。





    …わかります。

    20歳代で奥様相手の営業は、信用を得るのに大変な時もありましたからね。





    どんどん宣伝をお願いします!

    とおっしゃってくださったので、今回初めて堂々と撮影させて頂きました。

    美味しかったです。

    ごちそうさまでしたm(_ _)m







    〜すし処 市柳〜
    駐車場:専用5台

    【営業時間】
    土・日・祝
    11:30~22:30(L.O.22:00)

    火~日
    ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)

    火~金
    ディナー 17:00~22:30(L.O.22:00)

    定休日:月曜日











    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/miwako’s diary

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加







    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は22時を過ぎました。

    1月15日金曜日、じむちょ~のお時間です。















    本日は休診日。

    予定していた打ち合わせが無くなりポカンと時間が出来たので、鮨店の新規開拓。









    石神井界隈ではちゃんとしたお店が見当たらないすし、うなぎ、てんぷら

    そう嘆いていてから2年半。

    かねてから口腔外科医の須田先生から教えてもらっていたお店に行ってみよう!

    ということで、大泉学園町のすし処市柳へ。

    2016011512200001

    初めて入る鮨店というのは少々勇気が要りますが、どこかのタイミングで須田先生の紹介ということをきちんと伝えておこうと意を決して入店。


    たまにお昼時だとランチメニューしか食べられないお店もありますが、フツ~に飲んでつまめるということで一安心。

    タクシーで来た甲斐がありました。





    威勢のいい掛け声と言うよりは上品に、

    「いらっしゃいませ。」

    カウンター内は2名体制、他にもお弟子さんが裏方に2名、女性が1名…

    以上が確認できました。



    客は自分たちだけだが、これは単に一番乗りだっただけ。

    せっかくなのでカウンターの一番奥へ。

    本当であれば大将側の立つ手前と行きたかったが、もしかしたら常連さんが来るかもしれないと一見さんは控えめに。

    これは後ほど正解でした。





    充実したネタケース。

    これが見られるだけでもう楽しい。





    さばかれた赤貝、ボイルされた海老…

    並べ方から几帳面さがわかります。







    ビールはアサヒとサッポロからチョイス可能とのことでサッポロ中瓶を。

    メニューはセット物しか記載がないので、白身を少々と白子をお願いしました。






    程なくして供された白身の刺し身は、

    ・昆布の上に鯛2切れ
    ・真ん中にヒラメ2切れ
    ・右にフッコの昆布締め2切れ

    それに、おろしたての生山葵が添えられる。

    ヒラメは専用に薬味の入れられたポン酢、その他2つはお好みで山葵醤油でとの説明付き。

    うん、こういうのは嬉しい。




    フッコの昆布締めは素晴らしく風味が漂いほんの少しだけネッチョリするのが熟成された感があっていい。

    噛むと鼻に昆布の香りが突き抜ける。

    これは旨い。






    白子はポン酢と薬味で頂くが、残念ながらアン肝はありませんでした。






    もうちょいツマミをと思い何か焼き物を頼もうかと思いましたが…

    そういうメニュー表示がどこにも見当たらない。

    そう言えば酒類のメニューも見当たらない。

    なのでオススメのおつまみをもう一品問うと、



    「ホタテはいかがですか?」




    貝柱は3つに切り分けられて刺し身で、ヒモとワタは焼いてくれて赤色の柚子胡椒で頂きました。

    こ…

    これは日本酒いきたい。。。





    という気持ちをグッとこらえて、サッポロビールの小瓶を追加。









    では、そろそろにぎりを。

    特上鮨…で何があるかわからないので、赤貝とコハダを入れてもらいましたがこれが正解!

    キレイに刺しが入れられた赤貝は柔らかく噛め、シャリとバランス良くなくなっていく。



    コハダはしっかりとした味で風味が感じられないかもしれないが、何というかこれぞ江戸前!と言った感じで好きだ。

    ・中トロ
    ・霜降り
    ・ウニの軍艦
    ・穴子
    ・紋甲烏賊
    ・巻物は明太子きゅうりと鉄火巻き

    他にもあったような…






    当然足りる訳無く、セット以上の量をお好みで(笑)





    先ほど食べた紋甲烏賊がレモン塩の味付けが素晴らしく、もう一度。

    ・赤身
    ・イワシ
    ・シメサバ
    ・海老
    ・イクラ
    etc…


    ものによっては「煮切り」をハケで塗布して出してくれる。







    ずっと見ているが、握り方が本当に丁寧。

    顔に近い高さに手を上げ親指でシャリにくぼみを入れて包む、裏返す、抑える、返して包む…

    ネタがシャリを優しく包んでくれている。

    55

    やっと練馬で出会えたね。






    ここで不意打ちにお椀が2つ出されましたが…

    ですよね、もう終わりって思いますよね!?

    でも待ってください。





    20分かかる茶碗蒸しを注文。

    出来るまでの間、〆に巻物三種を注文。





    「すごくお召し上がりになりますね!」

    はい、もうこれ言われるの慣れました。






    鉄火巻き、穴きゅう巻、お新香巻。

    ここでもう一回サヨリの入ったお椀。

    すっごくダシが効いて旨い。








    茶碗蒸し。

    なんだろう?

    プルンプルンというよりは、濃厚プリンのようなキメの細かい茶碗蒸し。

    これもダシが…

    ってか、手間を掛けているのがわかるものばかりだ。





    デザートに杏のゼリーを出してくれて終了。

    2時間の最高な時間を味わえました。







    職人さんのタイプは、こちらからお声掛けしなければ積極的に話すタイプではない。

    話し掛けると色々と話してくれるという絶妙の距離感。

    上品な感じがイイね。









    お会計にクレジットカードが使えるのもGood!

    店の斜向かいにタクシー会社があるのもGood!

    最初に来たのに最後に帰るという状態で、笑顔で送り出してくれました。






    これだけのものでこの料金…

    ハッキリ言いますが安いですよ。






    こういうお店は食べログ情報では出てきませんね。

    さすが、須田先生の地元情報!





    また来ます!

    と伝えたし、慣れたら写真を撮らせてもらおうと思います。










    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/miwako’s diary

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加










    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は13時を過ぎました。

    10月12日月曜日、じむちょ~のお時間です。













    「活字を読む」というのは比較的好きな方で、ファミレスやファストフード店などに置かれているものを見かけては、すべて読んでしまうという癖があります。

    学生時代、授業はそっちのけで小説にハマって読み倒していた頃もありました。












    授業で半強制的に読まされることから始まった小説。

    正直、夏目漱石や石川啄木、太宰治など、読んだは読んだのですが、まったくおもしろく無くて内容はあまり覚えていません。










    中学時代に流行っていた赤川次郎はパッとせず、

    高校時代に爆発的に人気のあった村上春樹の「ノルウェーの森」を上下巻読み終えた時には、何だか精神的におかしい人なのか?と気持ち悪くなったのを覚えています(笑)

    なので、次作の「ダンス・ダンス・ダンス」と、村上春樹を読んだのは2つだけでした。










    でもってハマったのが北方謙三の小説。

    高校時代のクラスメイトに借りて読んだのがきっかけで、当時発行されていたほとんどのものを読むに至りました。









    それはそれは、男が好きそうなハードボイルド小説。

    最初に読んだのは『やがて冬が終われば』でした。

    書き出しのたった数行で「その世界」に魅せ連れて行ってくれるんですね。




    『眠りなき夜」

    『檻』

    『ブラディドールシリーズ』

    etc…




    タイトルだけを見ると敬遠しがちなのですが、どの小説を手にとっても1ページ目の数行で夢中にさせてくれるんですね。

    今読んでみたらどうかわかりませんが。














    でまぁ、今回衝動買いをしてしまった本があるのですが…

    ズルいんです。





    タイトルがズルい。

    その名も…

    DSC00898

    『すし、うなぎ、てんぷら』

    全部好きでしょ!

    しかも、今の住環境では簡単に美味しいお店に行けないでしょ!




    それと、予備校で東大受験生に現代文を教えている林修氏がどのような文章を書くのかという興味もありまして買ってみました。











    やっぱり、小説家は小説家、人を惹き付ける文章を書くのが上手なんですね。

    この本は…

    ウンチクが好きな方でしたら面白いと思います。






    正しい知識を持ってカウンターで頂く鮨っていうのはまた格別ですからね。






    ただ、良く見かけますよね、ウンチクが好きな常連っぽい客。

    ああいうのは見ていて見苦しいので、自分の中に秘めつつ食したいものだなぁと思いますね。













    そう言えば・・・











    10月も中旬だというのに、カブトムシの成虫がまだ元気なんですけど!

    DSC00893

    もう2ヶ月いるし、幼虫もそれなりに大きくなってるし。

    ウチにいればゴン太も18歳ぐらいまで元気に生きたりして。。。








    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/miwako’s diary

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加







    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は21時を過ぎました。

    6月7日日曜日、じむちょ~のお時間です。












    もうすぐ息子の誕生日ということで、仕方が無いので再度潮路へ連れて行きました。




    石神井公園駅まで歩き、

    西武池袋線

    山手線

    千代田線

    と乗り換え、綾瀬駅からはバスに。


    2015060711040000

    やっぱり1時間40分かかる。






    ちょうど団体客の予約が入っていたらしい。

    DSC00709






    ってゆ〜かお前…

    その本持ってきていたのか!

    DSC00710

    大人には出来ない…(苦笑)

    しかし、色々と教えてくれるおやっさん。






    真剣に聞く息子。

    DSC00711






    ハマグリよりも、大アサリの方が美味しかったらしい。

    DSC00712


    と、ここでスタッフ総勢出てきて、何故か簡単にできるマーケティングのレクチャーをすることに。。。


    確か5年前に薦めたtwitterを最近になって始めたらしく…



    twitterの効果は投稿してから15分。

    なので、毎日同じ時刻、OPEN前に定型文でいいからメニューとかをつぶやく。

    毎日日替わりネタを時間差で。

    最後に、

    「今日は○○でした〜ありがとうございました!」

    みたいなつぶやきを営業終了時に。


    1日3回。

    これを毎日やってこそ、じわじわと効果がある。


    それと、足立区関連の人を片っ端からフォローしていくとフォロー返ししてくれる人も結構いるから、

    とにかくフォロワーを増やす。

    時々、他の飲食店のRTもして応援してあげる。




    こんな感じですかね。。。







    しかしまぁ…

    はじめてのおすしの時とは大違い。

    おやっさんが色々と話しかけてくれているのに、カウンターからは好意で付けてくれたテレビの画面ばかりを注視する。

    おい、聞かれたら返事は?

    しかも、ゴルフ中継ってお前、興味ないだろ?

    楽しい時間のはずが、叱咤してしまいました。。。






    まぁね、前回と同じ時間帯に同じ経路で同じ店に行ってね…

    「また行こうね!」

    を再現したところで、同じような感動や楽しみは感じられないんだということが、

    子供には顕著に現れる良い例でしょうかね。






    同じ日は二度と無い




    ということで。


    やはり、1日1日を大切に噛み締めて生きることが大事ですね。







    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog
    練馬区の歯医者/miwako’s diary

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

    このページのトップヘ