練馬区の歯医者@じむちょぉ~Blog

石神井公園駅徒歩7分。歯科医院の事務長がラブラドールレトリバーと送るメッセージ。

    お仕事

      このエントリーをはてなブックマークに追加







    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は13時を過ぎました。

    4月10日金曜日、じむちょ~のお時間です。










    デンタルエステの考察から早3ヶ月。

    しばらく放置された状態でした。

    出張セミナーにお越し頂いた際にも、スタッフ一人分の月給ぐらいの費用がかかっているので、

    そろそろ収益を得られる形を作っていかなければ!

    と、ここに来てようやく動くべかと思っているところです。





    Takeはセミナーに一切顔を出していなかったので、どのような流れ、内容でやるのかが全くわかっていませんでした。

    そして、先日honokaさんに、

    ・施術者として、モニターさんに伺いたいアンケート
    ・施術の流れ
    ・撮影したい挿入写真

    これらを作ってまとめていってください!

    と言ったら、休日を挟んで2日後には作成してきてくれているという…

    BlogPaint

    何だ、的確な指示をすると、こんなにも早く動いてくれるんじゃん!

    今まで放置した自分をちょっと反省してしまいました。。。


    と、ここでもう一つ思い浮かぶ。

    ・どんな人にオススメ?




    さて、これらを元に、院外告知用の諸々を作成していくのですが、

    別の事業を一つ立ち上げるぐらいの作業量

    なので、ペースを上げなければぁと気合を入れているところです。




    気合を入れないと取り掛かれないのが、これ専用のサイトページ作成です。

    面倒くせぇ〜(笑)



    始めちゃうと走るように作業が進んでいくのですが、

    正直ね、パソコンでの作業って大っ嫌いなのです。

    そんなことは言っていられませんが…

    早く素材写真の撮影をしなければだ。




    月末ぐらいまでには「虫歯予防デー」のチラシも作成しようと思っているので、


    何だかんだやることが多い。

    「忙しい」とは言わない。

    忙しい、忙しい、っていう人ほど、時間を使うのが下手です!って言っているようなものらしいので。



    全くね…

    15分もかけてBlog更新している場合では無いですね!(笑)





    でもね、こうして自分で仕事を作って一つ一つ具現化していくのですから。

    命令されて義務感でやる訳ではありませんから、楽しいもんですよ。

    それが形となったものを見るのって、何とも言えない喜びが生まれますからね。







    さ、そろそろやるか。

    何するか?

    とりあえず、飯か!








    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 ゆうか院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加







    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は14時を過ぎました。

    4月8日水曜日、じむちょ~のお時間です。






    梅雨のような日々、そして真冬のような今日、いかがお過ごしでしょうか。

    4月に東京で降雪があったのは2010年以来だそうです。





    つい先日は25℃近くあったのに、この寒の戻りは身体に堪えますね。

    昨夜、あまりにも寒いので久しぶりに「もつ鍋」にしました。

    DSC00602

    最近、もっと薄味な「水炊き」の方が好きになっていますかね。。。










    さて、よく「ものづくり」で陥りがちな話なのですが、

    良い物を作れば売れる

    そう信じて潰れてしまう会社というのは多々あります。





    これは歯科医院でも当てはまるお話なのですが、元々歯科医師というのは技術者であって、

    経営に関しては社会に出てから勉強するしかありません。

    技術が好きであることが、経営者として弱点になることは、歯科医院でもあり得るのです。







    とある分院展開している医療法人のお話を例にします。

    その複数医院のうち、1医院(仮にA医院とします)は本来であれば存在していません。





    他の複数医院は毎月順調に利益を出しているにも関わらず、

    A医院は、毎月数十万円の赤字が続いているのです。




    これがどういうことかというと、

    経営努力をして生み出している複数医院の利益をA医院につぎ込んで存続させている状態

    なので、本来であればもうA医院はとっくに潰れているのです。







    売上というのは歯科医師一人で出せるものではありません。

    受付、助手、歯科衛生士…

    スタッフ皆の総合力があってこそ、日々の診療ができているはずです。






    なので、本来であれば、その医院で生み出せた利益は、その医院のために還元されるべきものです。

    新たな医療機器を導入したり、スタッフの賞与になったり、スタッフのセミナー費になったり、忘年会などに使えたり、社員旅行に使えたり…






    利益というのは、次なる発展のために投資すべきであって、

    延々と赤字続きのA医院につぎ込んでいる場合では無いのです。

    これは、理事長(普通の会社の場合経営者にあたる)の仕事としては、正しくありません。







    ところで、そのA医院の院長というのは、実はかなりの勉強家らしいのです。

    多数の勉強会に参加したり、難しい症例にのめり込んで勉強しているようなのですね。




    しかし、実際はA医院にはそのような難しい治療法を必要とする対象患者があまり存在しない。

    しかも、時間にルーズなのを知っています。

    午前の診療時間を45分も過ぎて終えておりました。






    優先順位をハッキリと整理しておかなければなりませんが、

    1医院で最も重要なのは「経営」です。




    医院がなければ診療できません。




    どんなにプロフェッショナルな技術があっても、

    どんなに学位や地位があっても、

    患者様に足を運んで頂く医院が無ければ何もできないのです。






    以前、料理は3割を書きましたが…

    そういう、職人魂に溢れた方が、如何にして心を入れ替えられるか。

    人を幸せにしたり、その歯科医院が良い評判になるために、


    医療技術は3割しか貢献しない

    ということを、心から理解していかないと難しいと思います。






    もちろん、技術向上は大切なことです。

    しかし、患者側の気持ちを考える。

    スタッフの気持ちを考える。





    病院は待たされて当たり前。

    残業は付かないのが当たり前。




    これでは、誰のための歯科医院なのか…

    院長の自己満足で終わってしまいますからね。







    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 ゆうか院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加







    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は17時を過ぎました。

    4月7日火曜日、じむちょ~のお時間です。














    ぶらり旅でも書きましたが、4月1日から新しい歯科医師が入職しております。

    1週間が経ち、本日プロフィール写真を撮影しましたので、あらためてご紹介致します。

    20




    当院ウェブサイトにもアップ完了。

    スタッフ紹介ページ

    スマホサイト







    Blogも書いてくれています。

    練馬区の歯医者/ゆうかデンタルクリニックDr.Yu'ko






    院長と同じ、群馬県出身。

    「館林」↔「太田」

    なので、車で30分ぐらいの距離です。





    院長自身、高校は太田市に通っていましたので、何というか、ご縁とでも言いましょうか。

    埼玉と九州の大学なのに、こうして練馬区で一緒に働くことになろうとは。。。





    群馬県というと最後の秘境と揶揄され遊ばれがちですが、Takeは温泉地といえば関東近郊では群馬県が一番好きですしオススメです。

    ちょっとした方言はありますが、イントネーションが変わったり、訛りがあったりはしません。

    語尾に「ん?」を付けたり、「だがね!」を付けるとわかって頂けると思いますが、「だがね!」は館林には無いようです。





    使い方は、

    「麻酔されたけど、すぐに食べられるん?」

    「3時間ぐらいはダメだがね。」

    とか、

    「どうする?この歯、抜くん?」

    「抜きたくないだがね。」

    っていう感じでしょうか。






    今、受付で頑張ってくれているYukiさんも群馬県高崎市出身。

    ぜひ、ご活用ください(笑)









    Yu'ko先生、プロフィールにもあるように、スキーがお得意なようです。

    そして、何と!自動二輪の免許もお持ちです。





    女性で自動二輪というと、フィギュアスケートの荒川静香さんを思い浮かべますが…

    75723b7d







    取得したきっかけを伺ったところ、

    沖縄旅行のレンタルバイクで自分で運転したいと思ったから!

    だそうです。

    それで行動を起こして取得するのですから、アクティブですよね~。

    (でも、事故に気を付けてねー!)









    ということで、2015年度は2ドクター体制でスタートしました。

    何卒よろしくお願い申し上げます。







    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 ゆうか院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加







    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は12時を過ぎました。

    4月5日日曜日、じむちょ~のお時間です。











    早い。。。

    2015040418150001














    さて、最近とある歯科医院の情報を見て、正直すげぇなぁ〜と思ったのですが、

    そこは最初にOPENしてから12年、今や4つの医院を展開しているのです。





    と、それだけなら他にもたくさんあるような例なのですが、

    求人情報を見るとスタッフへの待遇がすごいんです。





    本当であればですが。






    GUPPYに書かれた情報では、4つの医院での1日あたりの来院者数が書かれていましたので、それを単に4で割って1医院の来院者数を求めても、

    果たしてその来院者数で求人情報に掲載されている給与が捻出できるのかどうか、疑問符が残るところなのですが…

    当院でその来院者数だとしても、まず不可能。





    実は、過去にそこの事務長(事務局/理事)が当院に偵察に訪れたことも知っています。

    てか、バレてます(笑)

    保険証を出さず、自費でメインテナンスを希望されたのですが、何故か問診票には実名を書いていたんですね。

    怪しかったのでちょこっと調べてみたらすぐに判明したのですが。




    その方は過去に、院長が2医院目を展開しようとしたタイミングで、一般企業に務めていた元同級生をスカウトして事務長職に就いたようです。

    そして、院長(理事長)も、今や事務長の存在が大きかったと絶賛されています。






    経営者出身で事務長職に就いたTakeとしては…

    いや、先輩には黙っておきます(笑)






    ただ、正直に言ってくれれば、院内の隅々まで見学して頂いても良かったのに〜

    そして、今度こちらも遊びに行きますよ!ぐらいの交流をしてくれても良かったのに〜

    という感想ですかね。

    人との出会いっていうのは、何かしら学ぶものがあるはずですから。




    Takeでさえこのぐらいの情報はすぐに集められますので、きっとこのBlogぐらいには辿り着いていると思います。

    「患者様をお待たせしない」ってところにはとても共感していますし、当院でも実践しているつもりです。

    よろしかったら、今からでもメッセージ頂けると嬉しいです。





    え?そんな価値ない?




    と、自虐的に〆ておきましょう。











    ところで、こういう情報っていうのはスタッフの方が敏感だったりするんですね。

    そりゃ、条件の良い職場情報にアンテナを張っているのは、ごく自然だと思いますので。








    スタッフ給与の歩合制っていうのは良し悪しがあって、

    稼ごう!

    と思ったら点数の低い「根管治療」を飛ばして「抜歯」して、インプラント等の自費を強く勧めるのだと。


    これを、医院全体で方針にするから、歯科衛生士もトリートメントコーディネーターも、そういう流れで当たり前に推奨する。


    これって、目先の利益にとらわれすぎだなぁと思います。








    当院は、なるべく今ある歯を延命してあげようというスタンスですので、アポ帳みると「RCT」だらけです。

    代診でいらっしゃった先生方、皆さん

    「根治祭りですね!」

    と。





    被せ物も、費用が高い!と思ったら最初は保険のプラスチックでいいんです。

    いずれ、変色するでしょうし、破損もするでしょう。

    そしたら、もう一度プラスチックでもいいんです。



    いずれ、保険適用物の限界に気付くでしょう。

    そういうふうに納得されてから、そこで10万円とかの費用をかけてオールセラミックスとかを入れた方が、満足度も高いでしょう。

    大切にもするでしょう。



    その間に、他の場所に虫歯ができるかもしれませんし、

    その間に、何度かメインテナンスに来てくれるかもしれませんので、

    長いお付き合いもできるのであれば、それでいいでしょうと。




    焦って、納得されていない患者様に、無理矢理に自費を薦めても…

    患者様は離れて行きますよね。










    ま、Takeと院長の考えでは、

    「駅前ショッピングセンター内テナント」

    とか、

    「ショッピングモール内テナント」

    で開業して、高額な賃料で利便性第一、買い物のついでにいらっしゃる方をガンガン回す!というよりは、



    「駅から遠からずの駐車場付きテナント」

    で、歯医者のために足を運んで頂き、地域住民へ歯科医院のハードルを下げて、質の良い治療、完治したら予防…の方をガンガンおもてなす!(笑)

    の方に重点を置いていますので、元々ビジョンが違い過ぎますね。

    車1台で家族そろって歯医者さん、っていうファミリー多いですから。



    顧客満足度向上こそが、長い目で見れば、多くのメリットがあると思っていますかね。









    Takeも偵察に行ってみようかな。。。








    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 ゆうか院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

      このエントリーをはてなブックマークに追加







    初めてお読みになる方も、そして常連さんの方も、時刻は0時を過ぎました。

    4月4日土曜日、じむちょ~のお時間です。











    昨日、遥々5時間かけて伊豆の松崎町から来た両親。




    あ、別に伊豆出身という訳ではございません。

    「田舎暮らし」

    をするために、移住しているのです。

    実家の戸建ては賃貸中。





    で、天然の「たらっぺ」いわゆる「タラの芽」を土産に持ってきて頂きました。

    スーパーでは買えない、天然の木の芽から採取した貴重な食材だ。






    「天ぷらにするけど、食べる?」

    「…ひとつだけ」




    何やら、苦手意識があるようだ。




    であれば、こだわって旨くするのは得意技。

    温度計を付けた鍋を用意する。

    DSC00584

    料理は科学です。


    「そんなのあったの?」



    E38182E3828BE38288

    あるよ。

    2001年放送の「HERO」に出てきたマスター、今の20歳代は知らないかな。。。








    きっちり180℃で揚げ上がるように、具材を一度に入れる量を考慮して200℃ぐらいにしておきます。






    でもって、衣にする…何ていうの?

    あん?

    クックパッドには「マヨネース」を使うとかありましたが…

    蛇の道。

    お酢を加えましょう。






    これ、は氷水にしてキンキンに冷やします。

    DSC00585

    まだこれから氷が溶けて、揚げる寸前に濃度を確認します。




    冷たい具材、適温の油。

    この、温度差が

    ふわっ、ぱりっ

    に重要な要素なのです。




    実は、ストックのサラダ油が足りなくて、オリーブオイルも使ったし、

    香りづけにゴマ油も使いました。





    出来上がったのが、これだ。


    1.2.3。。。



    DSC00586


    ちょっ…


    「俺の分、とっといてよ!」




    一つだけ、って言っていたのに、次々と食べてまう。。。


    まぁ、良かった、良かった。





    人間が感じる基本の「旨さ」というのは、

    塩、油、糖質(今回は小麦粉)。





    これがあれば、大抵のものは「美味しい!」ってなるのだ。

    その証拠に、

    「苦味が無いね!」

    「癖が無いね!」

    と感じるものを、如何にして消すか。

    これは、素材を活かすのではなく、足し算であって上塗りの調理方法。






    「これ、ご飯何杯でもいける!」

    っていうのは、「塩」が効いているものであれば…(以下略




    辛子明太子とか、梅干しとか、生姜焼きとか、キリがないけど…




    「糖」をたくさん摂取するために、「塩」を摂取するという、負のループなんだよねぇ。



    故に旨い!んだけど。





    「刺身定食」っていうのも、結局は「醤油」がご飯のおかずだし。

    素材が一番美味しい!

    って感じるためには、「ご飯ありき」のおかずじゃぁ、ダメなんだよね。



    美味しい!んだけどね。






    調味料を一切使わない、「素材が美味しい!」って何だろう?



    焼き鳥にレモン汁?

    しゃぶしゃぶにカボス汁?

    焼き魚に…塩が使えなかったら、やっぱりレモン汁?



    昆布と鰹のダシで煮る「大根」もいいよね。




    ま、深夜でこんなネタも、お腹が減るだけなのでこの辺で










    スタッフの皆さんも、素敵なメーセージを発信しています。
    こちらもよろしくお願いしますm(_ _)m
    ↓↓↓
    練馬区石神井公園の歯科 ゆうか院長ブログ
    練馬区の歯医者/Dr.Yu'ko
    練馬区の歯医者/DH*blog
    練馬区の歯医者@歯科衛生士Megumiの日記
    練馬区の歯医者|Chisa's Blog

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
    練馬区の歯医者
    練馬区高野台5-19-11
    0120-954-001
    9:00~13:00、15:00~19:00
    休診日:金曜日
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

    このページのトップヘ